妊活・妊娠の方のための葉酸ナビ

葉酸の摂取過剰の副作用は心配あるのか?

妊活のためにも妊娠してからも、葉酸の摂取はとても重要です。
厚生労働省でも勧めているため、今では多くの女性が摂取したり、摂取を考えているのではないでしょうか。
しかし、どんなものでも摂取過剰にはリスクや副作用がつきものです。

葉酸の過剰摂取副作用は不眠症、食欲不振、吐き気、むくみ、皮膚のアレルギー、赤ちゃんの小児喘息という報告があります。
葉酸はサプリで摂ることが多く、葉酸を含む食品の摂取調整についてどうすればいいかなど、不安に思っている人も多いはずです。

葉酸の摂取方法

葉酸を摂取するためには、食品から摂る場合とサプリから摂る場合があります。特に葉酸は食品から摂ることがとても難しいと言われています。
いろいろな食品に含まれているものの、含有量的には1日の摂取したい分量には届きにくいのです。

そこで葉酸サプリからの摂取という方法があります。サプリには葉酸単独のものや、それ以外に妊活や妊娠中に摂りたい栄養素が一緒に入っているものなどがあります。
また天然の葉酸と化学物質の葉酸があり、価格なども違ってきます。

葉酸の摂取過剰とは

葉酸サプリとして決められている1日の摂取量は女性が400μg以下、男性は200μgと決められています。
しかし実際は1日の摂取過剰と判断する摂取量は1000μg以上とも1300μg以上とも言われています。

つまりサプリを飲んでも600~900μgは葉酸が含まれているものを食べても問題ないということになります。
サプリの決められた用量を飲んでいれば摂取過剰にはならないということです。

逆にサプリで400μg摂っていても、毎日の食事で葉酸を意識的に摂ることは大切です。
(ただしレバー類はとても葉酸が多いので、ちょっと控えるようにするといいでしょう)

つまり1日の容量の400μgを守っていれば、食事に関して何の問題はないのです。
例えレバーを食べたとしても毎日レバーを大量に食べることはあり得ません。あまり神経質にならないようにしましょう。
大切なことはサプリを飲むときの用量を守ることだけです。

最新記事